山本ファミリー出身のボーダーコリー、ヒラメのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「シカゴブルズの真っ赤なTシャツ、あり?なし?どっち??」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん




「洋服の着こなしにはそれなりにこだわりを持っている方だ」

そう思ってこの三十うん年を生きてきました。
でも、どうやらそれはただの“思い込み”だったようです・・・(-。-;)


ヒ: 「ママ、オモイコミっておいちいぃ?」
すんごく踏ん張ってるネェ、ラメ 笑



というのも、我が家には“センスがいい”と自負する二人の家族がいるのですが、

富: 「その服装なんやねん!それでほんまに出かける気かぁ!?」

とか、

母: 「びっくりした!まさかその格好で会社、行かないよね?冗談だよね!?」

やら、と、自らを“おしゃれ”と称するこのふたりが
外野からちゃちゃを入れてくるのだ。


ヒ: 「ママ~、ちゃちゃっておいちいのっ!?」
すげー顔だね、それにしても 笑(毛が歯にからまったらしい)



人間、毎日「アホだ」「アホだ」と言われると、
本当に“アホ”になってしまう、と聞いたことがあるが、

「ダサい」「センスない」と言われ続けると、
洋服を選ぶときにも

「これでいいのだろうか?」

と、たった一枚のTシャツを選ぶときにまでも、
自分のセンスを疑うようになってきた。

そんな心ない冷酷なふたりが、最近一番の槍玉に挙げるのが
コレ!



かわいい~(///o///)

もういっちょ!

「ブ~ブ~(こんにちわ)」



こんなにかわいい靴下なのに、
例のふたりからは大顰蹙を買っている。


富: 「なんやそれ!?かわいそうな子みたい。。。」
母: 「まさかそれ会社に履いていってるの!?冗談でしょ!?」



・・・だって、かわいかったんだもん。
履くときだって、心が和むんだよ!
これを見た人の心だってきっと癒されるはず!

富&母: 「それはないわ~( ̄○ ̄)」


・・・さいですかぁ。。。((((((;_ _)σ


江: 「ラ、ラメまで私をさげすんだ目で見ないでっ!」
↑被害妄想狂



でもここであることに気がついきました。
ウチの父も洋服にはかなりのこだわりを持っています。

そんなの父が好んで洋服を買いに行く店は、
「ひらまつ」と「近所のスーパーに入っている洋品店」、です。

その着こなし具合は、と言うと、
ひと言で言うなれば

「ニューヨークのイーストヴィレッジでも自然と町に溶け込む」

そんな出で立ちであると、娘は大絶賛!


ヒ: 「ママ、まぢでしゅか?」



ん?でもお母さんはいっつも「お父さん、趣味悪いからねぇ」って言っている。

そうか、そうか、お父さんと私には
世界で通用するファッションセンスが備わっている、
そういうことだったのかぁ(* ̄∇ ̄*)

(どこまで突っ走るか、この勘違い!?)


ちなみに父の今年の夏一番のヘビロテは、

“シカゴブルズのどでかいバッファローが
でーん!と真ん中にプリントされた真っ赤なTシャツ”


でした。

・・・やっぱり血は争えない、ということでしょうか。笑


たまごっち; 「ラメ様、助けて~~」
ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

富: 「牛タンや!!」
ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。


----【父の闘病日記】--------------------------------------

■[抗がん剤治療]
2週間目突入も、体で感じる副作用はまだ今のところなし。

■[放射線治療]
3週間目。診察では喉の粘膜に炎症が出てきた様子だが、痛み等はまだなし。

□[癌細胞]
大きめにボコっとしていた部分は消滅。
その後ろにある小さめの癌細胞が見えるようになった。

--------------------------------------------------------

今日会社が終わってから、母と一緒に入院中の父に会いに行きました。
いくつか父からのご要望の品を持参したのですが、
それ以外にも、実はすてきなプレゼントを忍ばせて行きました。

コレです♪


以前記事でお話したこともある、私のMentor、リエ子さんと
その娘さんのメグちゃんからの心のこもった、
優しさいっぱいのプレゼント。

温かいメッセージが書かれたカードと
メグちゃん手作りのグッドラックチャーム(幸運のおまもり)です。

ふたりからの心のこもった贈り物は、闘病中の父のみならず、
私たち家族全員を優しい気持ちで包み込んでくれました(///∇//)

父はというと、

おう、夜は目が見えんから、そこ置いといてくれ(///ω///)」

と、完全に照れまくっておりました!笑
リエ子さん、メグちゃん、
本当にありがとう(*- -)(*_ _)

--------------------------------------------------------
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事
スポンサーサイト

「そのバリケン、立ち入り禁止につき!?~ラメとドライブへ行こう♪~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん


ヒ: 「月曜日は気だるいでしゅね~」



アパート暮らしの頃は、“洗うもの”という感覚ゼロだった
ヒラメの『バリケン』も、

実家に戻ってからというもの、“使用の度に洗うのが当然”
と180℃変化した。

環境が変われば人の習慣も変わるものですね。


江: 「あれ?ヒラメ、大丈夫っ!?」



ただし、“ずぼら”な人間が、そう簡単に“気の利く”性質に
変われるはずもなく、

「あ!雨ん中、バリケン、干しっぱなしだ!!」

なんてことは日常茶飯事〈笑)


ヒ: 「ママ、うるさいでしゅよヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ~~♪」
江: 「あ、寝てたんだ(;´▽`A``」




土曜日も、前日の夜に“やっちゃった”ことに、
朝になって気づきました。。。(;´▽`A``
(バリケンの中が雨で大洪水でした~)


週末限定で散歩に行く公園は、walkable(歩ける距離)
ちょっとだけ越える距離にあるため、

「バリケンを洗いなおして、水を拭き取る」ことも、
一瞬頭をよぎりはしたものの、朝の5時ということもあり、
パピ時代以来初めて“バリケンなし”で車に乗せてみることに。



動画タイトル: 「乗り込みOK~いいコ風♪~」
(※うしろの声はどうか無視してください。。。(^▽^;)恥)




出発準備OK!
それではドライブへレッツゴォ~!!

と、ここでドライブ中の動画もUPしようと思っていたんですが、
YouTubeのオーディオ編集機能に現在不具合があってブログへはUPできず・・・(;´▽`A``
(YouTubeのヒラメページにはUPしておりま~す↓)
http://www.youtube.com/bordercollieaddict13#p/a/u/1/iyA0cJQkBOA


なになに~?このくつろぎ具合は~?
ちょっといいとこのお嬢様風じゃないですか?

ヒ: 「いい風♪」

みたいな(笑)


ヒ: 「初めからお嬢様でしゅから♪」



私たちの予想に反して、バリケンなしでも
車中“落ち着ける”ように成長していたヒラメではありますが、

いつもの“ちょびすけ”ぶりがどこで顔を出すとも限りませんので、
これからもラメ嬢には基本“姫籠(バリケン)”でご移動いただくつもりです。


でも、「車は楽しい場所へ行けるもの」なのだと
知らないうちに認識するようになっていたんだなぁ、
と、ちょっと感激。
(しつけ本に書かれている通りだなぁ、なんて♪)


----【あとがき】-----------------------------------
あ、でも今週末は「“お医者さん”へ行くもの」になる予定だけど。
あ、これはヒラメには内緒、ということで。。。笑
------------------------------------------------



単にラメ用というだけで、多頭用準備、
とかでは全くないです 笑

ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

車中、ホントお利口でビックリ!でした(^_^)v
ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事
[ 2010/09/27 21:38 ] ラメ嬢 | TB(0) | CM(2)

「モンスターペイシェント現る!?~グラマロコに予期せぬ来訪者★~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



ヒ: 「求心的な顔で失礼ちます(-。-;)」



昨日の朝の出来事です。

富造と私は仕事で、家にいたのはグラマロコ(私の母)とヒラメだけ。
母はそのとき2階で掃除をしていたそう。

と、そのとき、誰もいないはずの1階から
突然声がしたんだそう・・・

「お~い」 と。。。

母曰く、「ホントにびっくりしたんだから!」その理由は。。。


ヒ: 「それよりも、ね~パパ、ヘルメットかぶってるでしゅか?」
富: 「ヒラメっ!(≧ヘ≦ )」




母が驚いた本当のワケは、
その声がのものだったから( ̄ー ̄;

そう、只今ウチの父親は、癌治療のため入院中でございます。

それなのにどうして突然家に帰って来たのか!?

ま、まさか病院でケンカして出てきちゃったんじゃ!?
ありうるしな。。。(^▽^;)


ヒ: 「ね~パパ、そろそろ止めてくだちゃい(≧ヘ≦ )」



父: 「いやな~、抗癌剤始まったら便秘っぽくってさ。
   先生に外出許可取って、庭のアロエ、持ちに来た。
   下剤ってどうも体に悪い気がしてさぁ」

だそう(;´▽`A``

人騒がせな(笑)

この突然の来訪者話を、母がそれは楽しそうに教えてくれました。
お父さん、お母さんはうれしかったみたいよv(。-_-。)v

でもあんまり先生を困らせないようにね。
今流行りの“モンスターペイシェント”なんて呼ばれないよーに(爆)


富: 「あらよっ!と♪」
ヒ: 「落ちるでしゅ~(。>0<。)」




今日の午後、外泊許可を取ってるんるんの父が
朝から見舞いに行っていた母と一緒に家に戻ってきました。

結果として、木曜、金曜、と連日家に帰って来たことになるわけですが、
帰ろうと思えば「いつでも家に帰ってこれる」というのは、
実際のところ、父の治療の“励み”になっているのかもしれません。
(こういうことこそ、患者の“QOL(=Quality Of Life「生活の質」)”のひとつに違いないですよネ♪)


なにはともあれ、今週も楽しい週末になりそうです^^


いつもポチっとありがとう。
ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

かわいすぎてちょっとイジメたくなっちゃうことってありますよね(*´σー`)
ラメ、コングで遊んでゴメンっ(///o///)

ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

「昨日病院で。心から感動したこと」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



父に癌が見つかってから、
もうふた月が経とうとしている。

2ヶ月前、先生からの突然の告知を受け、
一瞬にして私たちは「癌患者の家族」になった。

振り返ってみると、あっという間のふた月だった。
(ここからが本番、ではありますが)
ぬるま湯育ちの私が、今までこんなに深く何かについて考えたことも、
こんなに必死で何かについて知ろうと努力したことも、
もちろんなかった。



(※今日の写真は今年の2月のものです。一緒に寝てた頃。なつかしい!)


こんな短期間ながらもその中で身に染みて感じたこと。
それは「自ら行動すること」「声をあげること」の大切さ。

「知る」ために行動するのは当然だけど、
「疑問」や「不安」を感じたりしたときも
“声をあげ”なければなにも変わらないということ。

確かに限度はあると思う、でも、言わなきゃ、伝えなきゃ、
なにも変わらないし、誰にも届かない。





私の父はかなりの“文句言い”。
だから今までは「気持ちはわかるけどそこまで素直に言わなくても」
なんてことがよくあった。

でも、そんな父を今では「なかなかやるな♪」と思っている。

実は今治療をご担当いただいている先生はふたり目。
ひとり目の先生は、診察等のやり取りの中で、
微妙な波長がどうしても合わなかったよう。とてもいい先生なんだけど。





でも、人間同士の、ましてや治療で数ヶ月、経過観察で最低5年は続く
“医者と患者”の関係ともなれば、微妙な“波長”の違いとかであっても
“わがまま”という言葉で片付けて無理して我慢する必要はないんじゃないか、
と私は思う。

少しの無理から大きな溝が生まれることだって、
人間関係には、よくあることだから。

治療についてもそう。
家族全員で、とことんまで先生に説明を求めるし、
外来についていけば先生を質問攻め(;´▽`A``

でも、それに応えてくれる先生だからこそ、
安心して父の治療をお任せできている。





実は昨日もひとつ、父の“ある心配事”を看護士さんにお伝えした。

私: 「ああいう人なので、細かいことまでうるさくてすみません」

そうひと言添えて。すると看護士さんはこう言った。

「お父様のおっしゃっていること、正しいことばかりですよ。
こちらの非ですから、言っていただいた方がいいんです。」


感激だった。





そしてその父の“心配事”は、
別の看護士さんのご提案で、病院の『意見箱』に
投函されることになった。

そのいきさつは、

「ご提案があります。いただいた件は病院全体として
きちんと調査したいと思うんです。

もちろん先生にお渡しすることは簡単ですが、
『意見箱』は直接院内の上に伝わります。

その方がお父様のご意向に一番沿った対応ができるはずです。
そして、そうなることが私たちスタッフの願いでもあるんです」

と言っていただいたから。





お父さん、よかったね。
こんな、熱い気持ちを持った、仕事そして職場に誇りを持った、
意識の高い素晴らしいスタッフの方々が働く病院で、本当によかった(*^^)

病院だってそこで働いているのは皆“人”だもんね、
「あれ?」って思うことのひとつやふたつ、あると思う。

でもそれを“そのままにしないこと”が大切なんだと思う。
受身でなく、きちんと向き合うこと、こそが。
そこにはたくさんのエネルギーが必要ではあるけれど。





こうして考えてみると、「癌患者の家族」になってから、
日々学ぶことばかりだ。

ピンチはチャンス、とはちょっと違うか(笑)

でも、現実ときちんと向き合うこと、
目をそらさないこと、あきらめないこと、

そんな小学校の道徳の時間に習ったようなことを、
このふた月ほどの間、なぜだかとても熱い気持ちで、
心の中で繰り返している。

一度っきりの人生だもん、
もっともっと声出して行きますよ~(ι´Д`)ノオー♪



ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

長文にお付き合いくださって、
本当にありがとうございますっ(*- -)(*_ _)


ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

「白黒つけたいお年頃!?~父のケモラジ、スタートしました♪~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



(※今日の画像はEOSを買ったばかりの去年、11月頃のものです)


“いとうあさこ”じゃないですが、30歳を過ぎた頃からイライラすることが
多くなった気がします。

イライラというより、元来持っていた”癇癪”が、
以前よりも激しくなってきた感じ。(もっと悪い? 笑)

一番の被害者は家族。
その中でも、この“癇癪爆弾”を最も頻繁に、しかも至近距離で浴びせられるのは、
もちろん“相方”です(かわいそうに(^▽^;))


ヒ: 「かんしゃくっておいちい?」



私の場合、イライラが溜まると、周りの全てに白黒つけてしまいたくなる。
そうしないと“イ~!!”と、奥歯をきしませずにいられないくらい
イライラがつのるのだ。


【よくある夫婦の会話】

私: 「ええいっ!私、もうブログやめるっ!」
富: 「ええよ、やめたら」
私: 「だってさ、ヒラメはさ、ブログするより一緒に遊んでほしいと思ってるに決まってるもん!」
富: 「だったら、やめたらええやん(^ー^)」
私: 「うん。。。」


ヒ: 「ラメはもっと遊んでほちいでしゅ♪」



【別の日の会話】

私: 「もうっ!頭来たっ!仕事やめるっ!」
富: 「ええよ、やめたら」
私: 「だってさ、仕事で女子を求められるなんて、時代遅れもいいとこだよね!」
富: 「だったら、やめたらええやん(^ー^)」
私: 「うん。。。」


こんな調子で延々と続く。。。
こうして書いてみると、我ながらウンザリ(;´▽`A``(笑)

でも結局一旦落ち着けば「あれ?なんであんなにイライラしてたんだろう(・・?」
と割と簡単に治まるんだけど(笑)



富造、こんな感情任せの癇癪爆弾を
いつも優しく受け止めてくれてありがとう。
さすが元野球少年!(ん?ピッチャーだったっけ、富造?笑)


ヒ: 「かんしゃくってアップルよりおいちいかなぁ?」



ところで、“白黒つける”と言えば、我が家の白黒ちゃんは
ここのところ前にもましてグラマロコ(私の母)にべったりらしく、


母: 「私が玄関を掃除してるとね、脇の下から顔を出してきて、ほっぺにチュってするの」
私: 「ラメの究極の愛情表現だね」
母: 「うん、わかってるよ。だからその場では我慢して、家に入ってから、顔をしっかり洗ってる」
私: 「・・・・そっか・・・( ̄ー ̄; 」


そう、グラマロコは究極の「潔癖症」なのです(爆)


タイトル: 「グラマの掃除を邪魔するヒラメ」
※実はこれ動画なんですが、なんとも和やかでイイ感じなので、
また後日動画をUPさせていただきます♪




でも、なぜだか、母とラメが一緒の空間は、
更年期障害(←多分)真っ只中と思われる私に
心安らぐ“癒し”を与えてくれるのでした。

老人と動物の究極のコンビネーションだからだろうか?
(今日は最後までとことんブラックだな、私。。。笑)




ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう♪

------------------------------------------------
【父の闘病メモ】

9/21(火)から、ついに“抗癌剤(カルボプラチン250ml、1回/毎週)”の
投与が始まりました。

先週(9/13)から先行で開始された“放射線治療”と併行して行う、
俗に言う『ケモラジ』(chemoradiation、化学放射線治療)です。

抗癌剤はその副作用が徐々に現れると言われていますが、
初回ということもあり、昨日今日は体調の変化は特にないようで、
本人はいたって元気でした。

白血球の減少が許容範囲であれば、今週末も外泊許可がおりそうです(^_^)v

これから約8週間、父の受ける“治療”と、その“治療経過”について、
その記録をここに残していきたいと思います。

そうそう、今父がお世話になっている病院では“感動すること”に
とてもよくめぐり合います。
そんなお話も近々ご紹介させていただきます(*^^)
------------------------------------------------

ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

「ヒラメとヒラメの初対面!?~ラメ日記★週末ダイジェスト版♪~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん





ヒラメでしゅ。

世間は三連休みたいでしゅが、
ラメのパパとママは明日からお仕事。

「三連休もしたら、もう仕事行きたくないし、土日で十分」

ってママが言ったら、「強がり」だってパパが。


ヒ: 「“強がり”っておいちいのかなぁ?」



この週末はいろいろなことがありまちた。


パパとママがニコニコちながら、ラメに近づいて来たから、
遊んでくれるのかな、と思って喜んでいたら、
こうなりまちた・・・(-_-;)


ヒ: 「皆さん、パパとママの“笑顔”には要注意でしゅ!」



そうそう、金曜日だったかな?

ママがラメのハウスのお写真を撮ってまちた。
前に雨つぶさんがポタポタ落ちてきた所でしゅ。

そういえば、この前大雨さんが降ったときには、
雨つぶさん、ラメのお家に来なかったなぁ。。。


ヒ :「雨つぶさん、またいつか会えましゅか?」



昨日の朝は、パパがとってもご機嫌でちた。
パパは喜んでるのに、ママが

「どうしてデジカメで撮ってこないよ!ブロガー失格だね!」

って、すごくがっかりちてまちた。

それでもパパはご機嫌で、「ヒラメ、ヒラメな~、このくらいの大きさやったんやで」
って、両手を広げてラメに説明ちてくれまちた。


ヒ: 「パパ、ラメはもっと大きいでしゅよ」



でも、ヒラメが今週末、なによりもうれちかったのは、やっぱり、

入院中のじいじが帰ってきて、家族みんなが
とっても幸せそうだったこと。


ヒ: 「じいじ、チュっ(///∇//)」



ママもとってもうれちそうでちた。

でも、興奮ちすぎてプロレス技をかけるのは
やめてほちいでしゅ(-_-;)


江: 「かわいいから羽交い絞めぢゃっ♪」



明日からまた一週間が始まりましゅ。

じいじ、ラメはお見舞いは行けないけど、
じいじの帰りを首を長くちて待ってましゅ。


ヒ: 「早く帰って来てネ♪ラメ、いいコにちてるでしゅ」



【編集後記】

さぁ、また明日から一週間、頑張りますか、ね。

世間は明日お休みかぁ~、うらやましいっ!
皆様、よい祝日をお過ごしくださいませ~(*^^)v



ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ
江: 「ラメ、ぶちゃ顔だよ」
ヒ: 「ママっ、失礼でちゅよっ(;`O´)」


ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ
風呂がとにかく切ないらしいラメ嬢


いつもポチっとありがとう。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事
[ 2010/09/19 18:58 ] ラメ嬢 | TB(0) | CM(2)

「父の教え~ラメが走れば毛玉も踊る!?~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



ヒ: 「朝のお散歩とご飯の後のまったりタイムでしゅ」



やっと秋らしく涼しくなってきたので、ラメが走れば毛玉も舞う、
そんな抜け毛の季節到来です。


スリッカーブラシ、
シェッドバスター、
ファーミネーター、


我が家もいろいろ試してきましたが、
歴代8匹の大型犬を育ててきた父が

「おう、ブラッシングにはこれを使え」

と、すすめた櫛はコレ!


「スチールコーム」
スチールコーム


アンダーコートも無理なく抜けるし、
毛並みにもツヤが出るし、
粗い方を使えば、もつれ毛も簡単にほぐせるし、

なにより、このコームにして以来、
ヒラメがブラッシングを嫌がりません。


ヒ: 「だって気持ちいいでしゅよ、ブラッチング♪」



ヒ: 「気持ち良すぎてへそ天しちゃうでしゅ♪」



そんなに気持ちいいの?笑

夏の間はとかしてもあまり抜けなかったけど、
これからしばらくは、この抜け毛の量が“快感”になりそうです。


「これだけ抜けると気持ちいい!」



“抜け毛”もそうですが、“毛玉”取りも、
やみつきになる系の快感を味わえますよね?

でも、毛玉の下の皮膚が皮膚病になってしまうことを
お友達に教えてもらってからは、ほぼ毎日ブラッシングしているので、
あの快感がたまに恋しくなります。。。( = =) トオイメ


ヒ: 「飽きまちた。。。ママ、別のことちて遊びたいでしゅ」



--【あとがき】----------------------------

昨日の夜、2週間ぶりで父に再会したヒラメ。

暗がりだったこともあり、終始私の後ろに隠れて
逃げ回っていました(笑)

父が「怖い人」との認識は常に変わらないようです(^▽^;)
---------------------------------------


ヒ: 「ん?こんなところにカツラがあるでしゅ!」
ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ヒ: 「な~んだ、グラマのズラでしゅね!」
母: 「こらっ、ヒラメっ!(;`O´)o」

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記


★おまけ★

タイトル:「おはようの挨拶を交わすじいじとラメ(*^^)」
父: 「おう、ヒラメ!」
ヒ: 「あ~!昨日の怖い人、じいじだったでちゅね!お帰りでしゅ♪♪」


関連記事

「ラメ流、お出迎えの儀♪~待ち遠しいのは、今週末!!~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん




犬の気持ちは、その“仕草”からわかると言いますが、
人間も口で言わなくても気持ちが伝わることってあります。

先日、入院中の父を見舞いに行った帰り。
病院の玄関ホールまで見送りに来てくれた父と別れて駐車場へ。
車に乗り込み病院前の交差点を右折しようとした、そのとき、

交差点の向こう側でフェンスに腰掛ける人影が。
信号が青に変わろうとしたとき、その人影はスクっと立ち上がり、
こちらに向かって手を振ると、こう言いました。

「じゃあな~(^ー^)」

「じいじが教育係をイチ抜けする前(笑)」


そう、それは父でした。。。

って

お父さん、ただでさえファミコン(ファミリーコンプレックス)な私に
この演出はどうか止めていただきたい(笑)

父のはにかんだ笑顔から、気持ちは痛いほどに伝わってきた。

「お父さん、、、早く元気になって帰って来てネ(*ノ-;*)」

そう心の中でつぶやいた。


ヒ: 「ラメ、楽ちみに待ってるでしゅ♪」



で、本題ですが(唐突?)、ヒラメの仕草の中で、かなり頻出し
かつ、私たちのお気に入りNo.1があります。

それがコレ!


のび~


そう、「のび」です。

このカーミングシグナルの意味を調べてみると、

・「遊ぼうよ」と誘っている

とか

・“緊張”から開放された状態である

等を意味するらしい。


ヒ: 「ラメ、緊張ちてないよ」



でも、私たちの中で有力な“ヒラメの伸び”の意味するところは


「あ!お帰りぃぃぃ♪エヘヘ(*'-'*)」

とか、

「えっとね、今日ラメね、いいコにちてたよっv(*'-^*)b」

ではないかと思っている。

その“解釈”と“ヒラメの伸び”のタイミングが
これまたぴったりなのだ。


ヒ: 「あのね、ラメね、デヘヘっ」



私が玄関から出てくる

ヒ: 「(のび~)エヘヘ、ラメ、待ってたよぉ(*'-^*)」


富造が仕事から帰ってくる

ヒ: 「(のび~)わーい、パパだっ♪ラメね、今日こんなことちて遊んだんだヨ('-'*)」


こんな感じで使われます。
なんと、かわえぇこと(///o///)

あまりにかわいくって、この“伸び”が始まると、
「えっと~、ラメねぇ~」と、
ついつい“ラメ語”に吹き出しをつけてしまうのでした(*^^)


「じいじにブラッシングされるラメ(世話係をイチ抜けする前 笑)」



--【あとがき】----------------------------------------

今週末、先生から外泊許可がおり、
入院中の父が2週間ぶりに自宅に帰ってきます。

私もラメと一緒に“のび”でお迎えしてみようかな~(* ̄σー ̄)ゞ
富造もどう?
グラマロコは・・・間違いなく一緒にやってくれると思います。笑
--------------------------------------------------



ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

「下ネタ3連発!?~家族がほっこりする瞬間♪~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



タイトル通り今日は“下ネタ”についてのお話しなんですが、
ここでふと思い出したことが。

実は私、数年前まで“下ネタ”とは、「大人のムフフなお話」のことだと
思っていました(^▽^;)


ヒ: 「むふふっておいちい?」



ですが、数年前のある日のこと。

会社の同僚に“私がどれだけ快便だったか”について力説していると、
呆れた様子で彼がこう言いました、

「姉御(当時の会社でのあだ名)って下ネタ好きだねぇ(* ̄∇ ̄*)」

これには、周りにいた同僚やら上司やらの注目が
瞬時に集まってしまったため、

「はぁ?どこが下ネタよ!やらしい話なんてしてないじゃん!」
と抗議したところ、


ヒ: 「姉御ってママのことでちゅか?」



「下ネタって“下”のネタのことだよ。
うん○とかの話だって“下”に含まれるでしょ、そりゃ」
と、したり顔の同僚。


そこでさっそくググってみると・・・

「下ネタは、笑いをさそう排泄・性的な話題のこと」

とありました(;´▽`A``
・・・いつも下ネタばっか話してごめんね、白さん(←当時の同僚)





本題に戻りますが、我が家は下ネタが多い、です。
多分よそのお家よりも、かなり多い、と思う。

「今日のうん○ってば30cmはあったかも!」←釣り好きのおっさんみたい(;´▽`A``
「あまりの硬さに便器に垂直に立っちゃった!」
「大きすぎてなかなか流れなくってあせったぁ(外出先にて)

等々。

そしてその話題はどんなときでも家族に笑顔をもたらしてくれる。





入院中の父から昨晩電話がかかってきたときも・・・

父: 「あ?お前か?あのな、無事に普通のうん○出たよ」
私: 「出た?よかったね!出血なし?(胃の手術後なので)
父: 「健康な色だ。看護師さんにも見てもらったゾ」
私: 「2日便秘だったもんね、よかったね。お母さん、お父さんうん○出たって!」
母: 「(もぐもぐ)あら、よかったねぇ(もぐもぐ) 」←食事中(-。-;)
父: 「それだけ。じゃあな」
私: 「お父さん、うん○のことだけ言って切っちゃった(笑)」
母: 「らしいね(爆)」

てな具合である。

まぁ、うん○は健康のバロメーターだから、日々その状態について
話し合うことは、まんざら間違ってはいない、のかも。





そんな下ネタ一家に“ヒラメ”が新たに加わって、
(ワン飼いの方なら誰しもそうかと思いますが)
以来、毎日ラメのうん○についても家族で話し合われるようになりました。

「体の割にはラメのうん○って大きいよね」
「新しいフードにしてからうん○めちゃくちゃいい!」
「ヒラメは私の目をじっと見ながらうん○するんだよ、なんでだろ?」
「今日のラメのうん○、抜群!」





こうして読み返してみると、、、
下ネタっていうより、単に“うん○”のことをよく話し合う一家なだけ??

あ、今回は割愛しましたが“おな○”についても同じくらい、もしくは
もう少し頻繁に話題にのぼります。

そしてやっぱりそのことを話しているときには、
どんなときでも、なぜだか家族全員、ほっこりと“笑顔”になって、
そんなときにはやっぱり“幸せ”を感じずにはいられない私、です。


------【あとがき】--------------------------------------

実家暮らしになってから、ラメのうんちは
“生ごみ”として処理されるようになったので、
『燃えるごみ』の朝、我が家では次のような会話が聞こえてきます。


母: 「ヒラメ、もう一回分、うんちしてごらん」
ヒ: 「(グラマ、ラメ朝一回ちたから、もう出ないでしゅよ)」
母: 「今なら生ゴミに間に合うから。ホラっ、頑張って出してごらん、ほれっ!」
ヒ: 「(グラマ、もう無理でしゅ・・・しぼり出しても出ないでしゅよーー(涙)」

母曰く、この会話を「ラメは絶対に理解している」んだとか(;´▽`A``
意外にこのコンビ、仲良しのようです(。-_-。)
------------------------------------------------------


ヒ: 「やっぱり・・・」
ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ヒ: 「大きくちないでくだしゃい・・(-_-;)」
ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

「胃がんの手術を無事終えて~手術室からのバースデイプレゼント♪~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



先日“おまけ”のように発見された“早期胃がん”の治療のため、
火曜日、父は『内視鏡的粘膜下層剥離手術(ESD)』を受けました。

ご存知の通り、この手術は“口から内視鏡を入れて胃がんを切除する”
治療方法ですが、この手法も、1980年代以降に普及してきた
『内視鏡的粘膜切除術(EMR)』から進化を遂げて、
今回父が受けた『ESD』は、実はまだ2006年に保険収載されたばかりだそう。

ESD手法が開発されたことによって、EMRでは対応不可とされていた
大きめの癌(1cm以上)でも早期であれば内視鏡手術での治療が可能と
なったそう。

ヒ: 「医療の進歩はすごいでしゅ」

---------------------------------------------------
ESDについて
2cm以上の病変対象。病変周囲の粘膜と、粘膜下層を
直接切開して剥離する手術。
電気メスを使用するため、切除する組織の大きさに
制限がなくなり、大きな病変でも一括切除が可能となった
(癌は分割切除よりも一括切除を行ったほうが、再発率が
低いとされている)。

ESDの問題点
ESDでは重篤な合併症が従来法よりも発生しやすく、
高度な内視鏡技術と豊富な経験が必要となる。

特に問題となっている合併症は術中の“消化管穿孔
(穴があく)”と術中および術後の“出血”。

※“消化管穿孔”の場合はその場で内視鏡的に閉鎖するが、
腹膜炎が悪化すれば緊急手術となる。
※“術中出血”は、手術の続行が難しいため、後日外科的
手術となる。
※“術後出血”はまれ。ただし治療後7日以内は可能性があるため、
もし出血すれば緊急内視鏡を行い止血術を施術。輸血が
必要となる場合も。

ESD施術の後
切除標本の病理検査を行い、断端陰性かどうかを確認。
これによって、“治癒切除(完全に癌が切除できた)”かどうか
判定される。非治癒切除と判定されれば、後日追加胃切除が
必要となる。治癒切除と判定されれば、その後定期的に経過観察
となる。
---------------------------------------------------

ヒ: 「じいじ元気でしゅか?」



手術は1時間ほどで無事終了。

母によれば、

手術室から先生が飛び出して来たと思ったら、
「こんなにきれいに取れましたよ!よかったですね!」と、
満面の笑みで手にしたものを母に見せてくれたんだそう。

それぞまさしく癌細胞(と周りの組織?)!!(うわ~)

母曰く、「これが癌ですか?って聞き返しちゃうくらい、
小さくってキレイに見えた」んだそう。


ヒ: 「じいじよく頑張りまちたね」



術後3時間ほどたった頃、ようやくはっきりと目を覚ました父に、
(術後にはもちろん一度目を覚ましていましたが、その後爆睡していました)
「痛む?」と聞いたら、「全然痛くない。重たぼったいくらい」との回答。

“癌”を切除するための手術直後なのに痛まないなんて!
医療技術の進歩に心から感謝!


翌日(水曜日)は午前中に少し気持ち悪さと下痢があったものの、
体調は悪くなく、

微熱が続いていることと、内臓をいじったからか顔に少しだけ発疹が
出たことを除けば、本人はいたって元気でした。
(翌日には発疹も微熱もなくなりました





その後、木曜日には胃カメラで止血確認をし、
金曜日、病理検査の結果が出ました。

結果は、“取り残しなし”の『治癒切除』!
本当によかった!
お母さん、一番の誕生日プレゼントになったネ。。。

応援してくれているお友達のみんな、
いつも見守っていてくれるご先祖様、
そして、担当してくださった中山先生、

本当に本当にありがとう!!


ヒ: 「本当にありがとうございましゅ」



来週からはついに“喉頭癌治療”がスタートします。
ふた月弱の“放射線治療+抗がん剤投与(通称:キモラジ)”です。

まだまだこれから、ではありますが、
ひとつ目のトンネルを抜けた、今はそんな気持ちです。

ふたつ目はもっとずっと長くて険しい道だと覚悟していますが、
それでも、トンネルの先には必ず明るい空が待っているはず。
そう信じて頑張りたい。



ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。


----------------------------------------------
海外発信の「癌関連記事」を翻訳しております。
ご興味のある方は【続きを読む】からどうぞ(*- -)(*_ _)
----------------------------------------------


★今日の記事★
『喉頭癌ステージⅡにおける併用化学放射線療法』
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

「雨もしたたる、いいお屋根!?~初めての雨降り♪編~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん







ヒラメ御殿の“NEW屋根”を、富造がDIYして以来、

「雨除けのまじないでもかけたのか?」

などという謎を呼ぶほどに、
見事に雨が降らなかったこのひと月。


「初めての雨」



そんな中、昨日ついに“初の雨”を体験!!

「雨漏り」というキーワードで富造をからかうのが
楽しみのひとつ(趣味悪い?)になっていた母と私が
なにかを期待する中(笑)、

ひとり緊張を隠せない富造。


「こんなに頑張ったんだもんね」



果たして初の雨に“ラメ屋根”は耐えられたのでしょうか!?


その答えは・・・
是非こちらをご覧くださいませ~。






あぁ、無情・・・。
歌っちゃうよ、アンルイス。

一晩で5歳は老けたような気がする、かわいそうな富造曰く、
「・・・晴れた週末にコーキングで補修作業するわ・・・」だそう。


ヒ: 「でもパパはラメのために一生懸命お屋根作ってくれたでしゅ」
(※遠くから見守るヒラメ、見えますか?笑)



ちょっと雨漏りしちゃったのは残念だったけど、
でも、でも、家族の期待に応えてくれて、ありがとう!(*´σー`)

入院中のお父さんも「そうか~雨漏ったかぁ~」って
ちょっと嬉しそうだったし・・・(笑)


富造、家族に笑顔を、ありがとう!!
そして、私にブログネタを、ありがとう!!!


----【編集後記】-------------------
な~んて今日の記事を締めようとしたら、
なんと仕事帰りに道具をそろえて、
本日無事“補修工事”を終えたそう。

ラメのこととなると意外とフットワークが軽い
富造なのでした(*´σー`)
---------------------------------


ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。

きっと次の雨は大丈夫!だね(^_^)v
記事にしちゃったこと、許せ、富造!

ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記



関連記事

「ラメに憑りつく霊の正体!?~秋もやっぱり怖いのがお好き♪~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



“初秋の候”、などと感じるのは朝・晩だけで、
日中は真夏となんら変わりないと思うのですが、

日本の“東南アジア化”は徐々に始まっているんでしょうか?


ヒ: 「ちょっとお久しぶりでしゅ♪」



そうなると心配は“蚊”を媒体として広がる感染症です。
以前記事にしたこともありますが、私、蚊にだけはモテモテなのでq(T▽Tq)

というわけで、残暑バリバリな9月、まだまだ「怖い話」もイケるんじゃ?
と、今日のタイトルにつながる訳ですが。


ヒ: 「コワイハナシっておいちい?」



実は先日、砂浜で遊んでいると、
突然ヒラメが今までにない特異な行動をし始めました!!

これぞまさしく憑依!?

映像はこちらです!





・・・え?わかってらっしゃった?
このオチ、前も使ったことがあるとおっしゃる?

そんな昔のこと、覚えてましぇ~ん(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ!



ヒ: 「た、楽ちい~(///o///)」



お友達の記事でもボーダーは“ホリホリ”が好きだと
読んだことはあったのですが、
(実弟のルースっちも大得意だって聞いたこともあるし!)

でもヒラメがしたのは“初めて”だったし、
それも“いきなり”のことだったので、

「きっかけは?」

と、是非聞いてみたかった(^_^)


ヒ: 「やってみたら楽ちかったんでしゅ(*´σー`)」



土を掘るのは“犬の本能”と言われればそれまでのお話しですが、
(そのうえラメは“床堀り”の前科者ですし。。。)

やはり我が子の“初めての○○”には、
その度に興奮してしまいます、よね(^_-)


ヒ: 「フ~♪大満足でしゅっ(^_^)v」



【編集後記】

先日、あまりの暑さに車のフロントガラス用の“シェード”を買いました。
シェードが入っていた袋を見ながら富造が言ったひと言。

富: 「フロントシェパード、か。なんやねん、それ?」
江: 「・・・シェードだと思うけど。。。(;´▽`A``」
富: 「あ・・・(///ω///)」

どんだけワンコ好きなんだ(爆)



ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事
[ 2010/09/07 21:11 ] ラメ嬢 | TB(0) | CM(8)

「家から5分の浜名湖ガーデンパークで!?~“どや顔”をした二人組♪~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん


昨日今日はなんと!
『浜名湖ガーデンパーク』でNDAの大会が開催されました!

と、いうことを土曜日の夜に知りました(爆)

今日は相方が休出でいないし、ひとりで行く勇気もないし、、、
ということで、大会開催地へは車でたった5分の自宅から
出場者の皆様へのエールを送りつつ、一日中家でモジモジしておりました(笑)


夕日に照らされて


ところで、家の相方は西宮出身なので、もちろん関西弁なわけですが、
よく使う言葉に“どや顔”というのがあります。


富: 「ヒラメ、どや顔してんなぁ」

例としては、ヒラメが公園の芝生に群がる鳥を追いかけて、
鳥が一斉に飛び立ったところで私たちの方へ向きなおした、
まさにそのときのヒラメの表情のことを言っています。


「ディスクをキャッチした“どや!”顔」
ラメの”どや!”顔-No.1-


そう、ようするに「どうよ!見た?今の?」という感じ。

でも、私はこの“どや顔”っていう言葉のもつサウンドが
どこかとってもかわいらしくて、大好きです。


「激ウマ炒飯を作ったときの富造の“どや!”顔」
どや!富造版

「誕生日にもらったジャージを着て、
似合うでしょ!の私の“どや!”顔」

どや!江美版


ヒラメも自信満々の“どや顔”をしばしば見せてくれますが、
これも表情豊かなボーダーならでは?

“どや顔”したときにつかさず「ラメ、すごいじゃん」とノセると、
得意げな顔をして、かなりその気になります(笑)


「ボールをキャッチしたときの“どや!”顔」
ラメの“どや!”顔-No.2-

「こ、これは“どや!”顔とゆーよりも“おりゃ!”顔?(^▽^;)」
ラメの“おりゃ!”顔-No.1-


いろんな“どや!顔”がありますが、
どうもヒラメは“おだてに乗りやすい”タイプみたい。

叱られてショゲてるときも、おだてるとすぐに機嫌が直る所は、
とても扱いやすくて助かっておりますが(^_^)


これからもいい“どや顔”、たくさん見せてね、ヒラメ♪


ヒ: 「ラメは褒められると」
ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ヒ: 「のびるタイプでしゅ!(^_^)v」
ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

《余談》
そういえば、「私、褒められるとのびるタイプです」って言う人で
褒める要素がある人に未だ会ったことがないな~(*´σー`)
自分も含めて(爆)



★おまけショット★

「夕日をバックに見つめ合う、おだてに乗りやすいコンビ(笑)」
お調子モノの二人
関連記事
[ 2010/09/05 19:07 ] ラメ嬢 | TB(0) | CM(6)

「ラメの天才伝説♪~“あんよ”は上手!?~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん







ヒ: 「今日はお外でシャワーでちた。気持ちよかったでしゅ(*^^)」



ボーダーコリーが“非常に賢い犬種”であることは、
ヒラメと暮らし始める前から聞き知ってはいましたが、

ヒラメも例に漏れず、「ホント頭いいなぁ」と実感する瞬間が多々あります。
親バカってワケじゃなくて本当に。
(って、それこそがまさに“親バカ”!?爆)


ヒ: 「“オヤバカ”っておいちい!?」



私の母なぞは「ヒラメは本当に天才!」を
毎日のように連呼しております。
(ばばバカ?)

--------------------------------
★ラメの天才伝説~その1~★
--------------------------------

玄関を掃除している母にまとわりつくヒラメ。
大好きなおもちゃ“たまごっち(ゴムのおもちゃ)”を投げてほしくって
母の前に回り込んでは“ペッ”とたまごっちを差し出す。


「たまごっち (命名 by グラマ・ロコ)」



でも掃除中の母はなかなかヒラメの相手をしてくれない。

そこでヒラメ、考えました!

「グラマは“たまごっち”が岩の裏とか植木の中に入っちゃうと
必ず取ってくれましゅ。。。
ってことは!必ずラメの相手をちてくれるってことでしゅネ!」


「ここです↓」



ヒ: (岩の前から母に視線を送る)
母: 「ラメ、たまごっちは?どっか入っちゃったの?」
ヒ: (岩の前で必死にアピール)
母: 「ん?岩の裏に入っちゃったの?どれどれ」
ヒ: (しめしめ・・・)


そうです、アクシデントではなく、ヒラメは“あえて”そこに
たまごっちを押し込んだんです。


ヒ: 「ラメ、なんにも知らないでしゅよ」



しかも、あまりにもよく植木の中に入ってしまうことを不思議に思った母が
さりげなくヒラメの行動を観察してみたところ・・・

母: 「ヒラメったらね、植木の方をめがけて“ペッ”て口で吐き出した後に
    手を使っておもちゃをさらに奥に押し込んだのよ!」



タ: 「ヒラメさん、ちょっと休ませてください。。。(;´ρ`) グッタリ」
ヒ: 「たまごっちしゃん、早く遊ぼうよ~




なんつー知恵(⌒▽⌒;)

そこで母がひと言。
「ヒラメは本当に天才(〃∇〃)」


ヒ: 「“テンシャイ”っておいちい?」



“天才”というより“ずる賢い”だけじゃないか?という
疑問点は残りますが、この“ラメの天才伝説”、
~その2~以降もいずれまた、
次回は動画付でご紹介させていただきたいと思います♪






ヒ: 「たまごっちぃぃ~
ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ヒ: 「たまごっちぃぃ~
ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。



----------------------------------------------
海外発信の「癌関連記事」を翻訳しております。
ご興味のある方は【続きを読む】からどうぞ(*- -)(*_ _)
----------------------------------------------
★今日の記事★

「マイケル・ダグラス氏、自身の咽頭癌をステージⅣと告白」
by "Medical News Today"

ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

癌の告知から2週間

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



病理検査の結果、父が「喉頭癌」との告知を受けてから2週間がたちました。

告知からの2週間は、“転移の有無”を確認するため、
日を別にしてPET、CT、胃カメラ等の検査を受けました。





癌を初めて身近に感じたこの2週間。
自分がこの病気について本当になにも知らなかったことを痛感。

病理検査の結果が出るまでは、怖くて、本当に怖くて、
“癌”を直視できないでいました。
調べたりしたら、父が本当に癌だと診断されてしまう気がして。

でも今は違う。
もっともっと知りたいし、知らなくっちゃいけない、と思う。





昨日の午後は、父に付き添い母と私は「聖隷三方原病院」へ行きました。

今回は“転移の有無”と“今後の治療計画”について聞くため、でした。

耳鼻科外来の前のソファにかけて待っている間、母はずっと
「転移がありませんように、お願いしますっ!」と手を合わせていました。

私も、心の中で同じことを祈りました。





結果は、

・所属(領域)リンパ節転移なし・・・N0[エヌゼロ]
・遠隔転移なし・・・M0[エムゼロ]

とのこと。最終的に“喉頭癌T2N0M0”と診断されました。

(T2・・・喉頭内の隣接亜部位まで進展しているが、喉頭内にとどまっている状態で、
頸部リンパ節転移も遠隔転移もしていない)





この結果を聞いて私たちはとても嬉しかったものの、
実はその前に、別の新しいニュースを聞いていたので、
正直“複雑”な心境でした。

先生: 「胃カメラ検査でわかったんですが、転移ではない、
      喉頭癌とはまったく別の種類の癌が胃の中で見つかりました」


これを聞いたときは、「うそ~!どうして?ホント?先生、冗談でしょ?」と、
予期せぬニュースにそれまでの“戦闘モード”から一気に
気が抜けてしまいました。
(別の種類の癌が同時に全く異なる部位でおこることは
珍しくないそうです)


でも、幸いなことにこちらも初期の初期だそうで、
内視鏡を使った比較的簡単なオペで済むそうです。
(↑これは今日わかりました。本当によかった!)





帰りの車中は意外にもなごやかでした。

母: 「喉頭癌が見つかってなかったら、胃カメラ検査なんて絶対してないもんね」
私: 「そしたら手遅れになってたかもしれないよ。ふたつとも初期なんだもん、
    ありがたいって思わなきゃね」
父: 「入院中の個室代はお前に任せたぞっ(* ̄∇ ̄*)」
私: 「わ、ワタクシ、ですか?( ̄ー ̄; 」


いずれにしても、“根治”を目指して、
家族皆で父をサポートしたいと思います。


---【編集後記】---------------------------------------------------
実は今、「ボーダーコリー」とはカテ違い??と、登録カテゴリーを変更すべきか
についてとても悩んでいます。
でもやっぱり私たちの“軸”はボーダーにあるし。。。と、決断がつかず(;´▽`A``
というわけで、しばらくの間はここにいさせてください(*- -)(*_ _)
------------------------------------------------------------------



ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ


ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。



以下、覚書。

------------------------------------------------------------------
【昨日先生からうかがった“治療計画(案)”[2010年8月31日]】
------------------------------------------------------------------

治療法
放射線(X線)治療をメインとし、それをより“効かす”ための
抗がん剤(「ティーエスワン」「カルボプラチン」)を使用予定。

・「陽子線(数十万円)」「重粒子線(250万円強)」を使った、
“正常細胞”をできるだけ攻撃しない“副作用”がより少ない
放射線治療についてもたずねたところ、

先生:
「このレベルの癌で、最先端治療を“予約待ち(施術可能施設は
国内数ヶ所レベル)”の自由診療(保険適用外)”でおこなう意味があるか、
と言われると、もちろん選ぶ権利は患者さんにありますが、
僕は必要があるとは思えません」

とのこと。

予想される副作用
(放射線)やけどのような痛み、味覚の変化、皮膚のかぶれ
(抗がん剤)吐き気他
その他、白血球が減ることによる免疫低下、疲れ、眠気、等々

治療期間
6~7週間の入院治療(月~金:治療、週末:外泊OK)
(通院でも可能だが、抗がん剤を併用するため、また高齢であるため、
できれば入院の方がよいそう)

流れ
胃がんの処置を終えてから、早々に喉頭癌の治療へ移りたいそう

今回の治療の目的
私の「これは“根治”を目指した治療ですか?」の質問に対し、
先生:「そのつもりです。というか、そうなっていただかなくては困ります」との回答。
この先生にお願いしよう、と思った瞬間だった。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。