山本ファミリー出身のボーダーコリー、ヒラメのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ラメとのゆるゆる生活♪♪~そうだ!名古屋行こう!~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



1★


やんちゃ盛り花盛りのラメ嬢との暮らしには
「一歩進んで二歩さがる」というフレーズがよく似合う。


今日リードがゆるい時間が長かったと思えば、
明日はまた散歩中ずっとぐいっぐい。

昨日は車をやり過ごせたかと思えば
今日は車&原付にガウりんちょ、7連発(!!)


2★


でも、父のこととかいろいろあって、“ヒラメの教育”だけに
集中していないのが、逆にとてもいい感じ。


私の“ぴりぴり”は必ずヒラメに伝染するもんね。
ゆる~めがいいね。何事も。


3★


父の病名がはっきりとして以来、なにかと父に甘いうちの家族。

「梨が食べたい」と言えば、ささっと献上し、
「どこかへ日帰りで行きたい」と言えば、「どこへ行こうか?」と早速 家族会議。


でも、初めはぎこちなかった父への対応も、
日がたつにつれて自然になってきて、
病気のことについても、話し合ったりできるようになってきた。


4★


構えてたってなにも変わらないもの。
こちらもやっぱりゆるめがいいみたい。

土台さえしっかりしていたら、
準備さえばっちりしておいたら、
それでいいよ、ね。


そんなわけで、明日は父と一緒に、いざ!名古屋へ(* ̄0 ̄*)ノ
待っててね、みそかつ~(≧∇≦)


ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記

----------------------------------------------
海外発信の「癌関連記事」を翻訳しております。
ご興味のある方は【続きを読む】からどうぞ(*- -)(*_ _)
----------------------------------------------

★今日の記事★

「癌治療における個別のゲノム配列決定-大きな進展-」 by "Medical News Today"

(※自分なりの訳のため、情報に誤りがある可能性がございますので、
その点はご容赦くださいませ)



■原文URL: http://www.medicalnewstoday.com/articles/198886.php


【2010年8月25日】

「癌治療における個別のゲノム配列決定-大きな進展-」


カナダの“BCがんエージェンシーゲノム化学センター”の研究員らは
臨床的判断と治療の選択を補助するためのゲノムスケール
(腫瘍のRNAとDNA配列決定)の業界初となる実例を出版した。

『ゲノム生物学』と題されたこのジャーナルでは、転移性に進行した
希少な舌癌の研究に焦点が置かれている。

この腫瘍が希少だということは、この癌の治療法の選択肢が確立されて
いないことを意味する。完全なゲノム配列の分析をしたことが、腫瘍内部に
溜まった遺伝的障害の総合的な発見に役立ったといえる。

この情報を基に、個別の投薬計画が始まり、これによってこの攻撃的な癌を
数ヶ月の間安定させることができた。

Simon Fraser大学のSteven Jones医師によれば「腫瘍内の分子変化に関する
完全な地図が薬の使用に活用されたことは、この技術が世界で初めて
実用化されたことを意味する」という。

「腫瘍学に薬の個別化時代が到来したのだ。これによって、治療法が
それぞれの腫瘍の遺伝子構造に細かく合うように調整されることになる。
そう遠くない将来には、すべての患者の腫瘍をこの方法によって特徴づける
ことが当然のこととして行われるようになるだろうと予想する」

今はまだ準備段階であるが、この方法は治療プロトコルが確立されていない
ような希少な腫瘍タイプにおいて特に適切であるといえる。

「これは癌治療における大きな前進である。ゲノム配列決定は個別の
治療戦略を提供する臨床的判断をガイドする手助けとなり、癌と共存する
人々のQOL(生活の質)の改善に役立つであろう」と、
BCがんエージェンシー社長、David Levy医師は語った。

遺伝子の配列決定により、腫瘍の強い原因とみられる遺伝子と、正常な細胞
プロセスをおこなう遺伝子とを臨床医は見分けることができる。

BCがんエージェンシー Joseph Connors医師: 「極めて重大となる腫瘍の
一次および二次的遺伝障害を理解することで、希少で攻撃的な癌を安定させる
治療を選択肢に加えることができた。
この遺伝情報により、ここまでの詳細な知識がなければ不可能であった方法で、
病気を効果的に狙い撃ちすることができる」

ブリティッシュコロンビア大学 Marco Marra医師: 「DNA配列決定の大きな
前進と、配列決定のコストの大幅な削減により、この技術の臨床的応用について、
私たちは熟考し始めることができた。

治療に新しいアプローチが検討される機会が与えられる、このことこそ、
患者にとっての明らかな潜在的利益であろう」


【出典】:BCがんエージェンシー
関連記事

あとむママへ

優しいメッセージをありがとうv-346
大好きだよ、あとむママ(///∇//)
これからもよろしくお願いします(*- -)(*_ _)
[ 2010/08/30 19:11 ] [ 編集 ]

リエ子さんへ

楽しかったですヨ、名古屋(^_^)v
リエ子さんが帰ってしまってから行くっていうのも
なんですが、あまりの唐突さん、さすが我が両親、という感じでした(笑)

閉店セールはどうってことなかったんだけど、
家族水入らず、都会の雰囲気を楽しめました♪

リエ子さんとの思い出の場所巡り、いつか本当に行きたい!
みんなで(^_^)vヒラメも連れて^^
きっといつかこの夢は叶いますよね(^_-)v
[ 2010/08/30 19:08 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/28 19:40 ] [ 編集 ]

私も連れてって~

いいなあ。名古屋。私も行きたい。名古屋って、日帰りには最適な距離だしね。
みんなで楽しい1日が過ごせたかな?いつか、江美ちゃんと、私達の名古屋思いでの場所めぐりを
したいね。かなりマイナーなところばかりだけど、グラマロコも、じじも、そして富造さんも、
ご一緒に!お、もちろんラメちゃんもね!メグももれなくついてくるので、ラメちゃん必須です。v-238
[ 2010/08/28 13:05 ] [ 編集 ]

ルースママへ

うひゃ~(///o///)私だって会いたいよ!!
知ってるくせに~!!
(どんだけ恋愛中だって話?笑)


ただね、明日は我が父&母の買い物に
付き合うことになっててさ。

いわゆる“足”ってやつ?爆


ルースママ、私たちがふたりが会って“ちょびっと”で
すむわけないし、というより、一日丸ごとほしいし!(笑)
“ルースママとルースくんに会うため”に、
また名古屋方面へきっと行くから!!(^_^)v

待ってて~(^・^)chu

でもそう言ってくれて、アリガトv-238
[ 2010/08/27 21:26 ] [ 編集 ]

会える???

なになに~~~!!!
名古屋くるの???(ワクワク)


会いた~~~~~~~~~~~~~ぃ♪♪♪


あっ。。。もちろんお父さんメインだし。。。無理ならいいけどお。。。><
[ 2010/08/27 21:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bordercollieaddict.blog53.fc2.com/tb.php/449-a60cddc8






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。