山本ファミリー出身のボーダーコリー、ヒラメのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

癌の告知から2週間

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



病理検査の結果、父が「喉頭癌」との告知を受けてから2週間がたちました。

告知からの2週間は、“転移の有無”を確認するため、
日を別にしてPET、CT、胃カメラ等の検査を受けました。





癌を初めて身近に感じたこの2週間。
自分がこの病気について本当になにも知らなかったことを痛感。

病理検査の結果が出るまでは、怖くて、本当に怖くて、
“癌”を直視できないでいました。
調べたりしたら、父が本当に癌だと診断されてしまう気がして。

でも今は違う。
もっともっと知りたいし、知らなくっちゃいけない、と思う。





昨日の午後は、父に付き添い母と私は「聖隷三方原病院」へ行きました。

今回は“転移の有無”と“今後の治療計画”について聞くため、でした。

耳鼻科外来の前のソファにかけて待っている間、母はずっと
「転移がありませんように、お願いしますっ!」と手を合わせていました。

私も、心の中で同じことを祈りました。





結果は、

・所属(領域)リンパ節転移なし・・・N0[エヌゼロ]
・遠隔転移なし・・・M0[エムゼロ]

とのこと。最終的に“喉頭癌T2N0M0”と診断されました。

(T2・・・喉頭内の隣接亜部位まで進展しているが、喉頭内にとどまっている状態で、
頸部リンパ節転移も遠隔転移もしていない)





この結果を聞いて私たちはとても嬉しかったものの、
実はその前に、別の新しいニュースを聞いていたので、
正直“複雑”な心境でした。

先生: 「胃カメラ検査でわかったんですが、転移ではない、
      喉頭癌とはまったく別の種類の癌が胃の中で見つかりました」


これを聞いたときは、「うそ~!どうして?ホント?先生、冗談でしょ?」と、
予期せぬニュースにそれまでの“戦闘モード”から一気に
気が抜けてしまいました。
(別の種類の癌が同時に全く異なる部位でおこることは
珍しくないそうです)


でも、幸いなことにこちらも初期の初期だそうで、
内視鏡を使った比較的簡単なオペで済むそうです。
(↑これは今日わかりました。本当によかった!)





帰りの車中は意外にもなごやかでした。

母: 「喉頭癌が見つかってなかったら、胃カメラ検査なんて絶対してないもんね」
私: 「そしたら手遅れになってたかもしれないよ。ふたつとも初期なんだもん、
    ありがたいって思わなきゃね」
父: 「入院中の個室代はお前に任せたぞっ(* ̄∇ ̄*)」
私: 「わ、ワタクシ、ですか?( ̄ー ̄; 」


いずれにしても、“根治”を目指して、
家族皆で父をサポートしたいと思います。


---【編集後記】---------------------------------------------------
実は今、「ボーダーコリー」とはカテ違い??と、登録カテゴリーを変更すべきか
についてとても悩んでいます。
でもやっぱり私たちの“軸”はボーダーにあるし。。。と、決断がつかず(;´▽`A``
というわけで、しばらくの間はここにいさせてください(*- -)(*_ _)
------------------------------------------------------------------



ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ


ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。



以下、覚書。

------------------------------------------------------------------
【昨日先生からうかがった“治療計画(案)”[2010年8月31日]】
------------------------------------------------------------------

治療法
放射線(X線)治療をメインとし、それをより“効かす”ための
抗がん剤(「ティーエスワン」「カルボプラチン」)を使用予定。

・「陽子線(数十万円)」「重粒子線(250万円強)」を使った、
“正常細胞”をできるだけ攻撃しない“副作用”がより少ない
放射線治療についてもたずねたところ、

先生:
「このレベルの癌で、最先端治療を“予約待ち(施術可能施設は
国内数ヶ所レベル)”の自由診療(保険適用外)”でおこなう意味があるか、
と言われると、もちろん選ぶ権利は患者さんにありますが、
僕は必要があるとは思えません」

とのこと。

予想される副作用
(放射線)やけどのような痛み、味覚の変化、皮膚のかぶれ
(抗がん剤)吐き気他
その他、白血球が減ることによる免疫低下、疲れ、眠気、等々

治療期間
6~7週間の入院治療(月~金:治療、週末:外泊OK)
(通院でも可能だが、抗がん剤を併用するため、また高齢であるため、
できれば入院の方がよいそう)

流れ
胃がんの処置を終えてから、早々に喉頭癌の治療へ移りたいそう

今回の治療の目的
私の「これは“根治”を目指した治療ですか?」の質問に対し、
先生:「そのつもりです。というか、そうなっていただかなくては困ります」との回答。
この先生にお願いしよう、と思った瞬間だった。
ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/08 13:25 ] [ 編集 ]

ネオままへ

ネオまま~!!
コメントとっても嬉しかったヨ(///o///)ゞ

どうしても消したくなかったから・・・
コピペしてデスクトップのポストイットに貼り付けちゃった(^_-)v

ネオまま、心配してくださって、母の気持ちまで考えてくださって、
本当に、本当にありがとう。。。

こんな風に応援していただいて、たくさんの勇気をいただいて、
家族みんなで父を支えて頑張らなきゃいけないって思っています♪

ネオまま、温かい心からのメッセージを本当にありがとうv-238v-238
[ 2010/09/03 22:01 ] [ 編集 ]

Beeママへ

転移がなくって、見つかった腫瘍も初期の初期で、
本当によかったです♪♪

検査しなかったら、発見が遅れていたら。。。
そう思うと、神様に感謝です。。。

Beeママ、父のこと、私たち家族のこと、
こんなに応援してくださって、本当にありがとう(*- -)(*_ _)

P.S. 治療の後半からは“個室ネ♪”と父と約束しました(^_^)v
[ 2010/09/03 21:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/03 21:33 ] [ 編集 ]

早期でよかったです

転移などなくてよかったぁ~
そして、別の病気の発見が出来て
今回の検査はよかったですね。

早期の発見で本当によかったです。

江美さん、『個室代』奮発してあげてね!
[ 2010/09/03 10:28 ] [ 編集 ]

癌ダム4Gさんへ

ノートしますよ、こんなにためになることばかり
レクチャーいただいて、なんとお礼申し上げたらいいか。。。(*ノ-;*)

「同時多発テロ」の詳しいご説明をいただいて、
本当に納得!! (先生にうかがったときも「どうして別の
種類ってわかるんだろう?」と漠然としか理解していませんでした)


30歳を過ぎた頃から、「塩分は控えよう」とか
「甘いものは少しだけ」とかいう程度のことは
気をつけてきましたが、そうですよね、私たちの体は
毎日食べた物からできているんですよね。。。

そう考えると、脂ぽたぽたしたたる焼肉、とか
ハンバーガーとコーラのコラボレーション、とか、
できるだけ遠慮した方がいいかも!と納得できますね。

実は私も15年くらいの喫煙歴アリ、35歳くらいまでは
浴びるように酒を呑む、まさしくあの時代の“おやじギャル”でしたので・・・
喉頭癌になる可能性、かなり高いと自覚しております。。。

そのうえ、父とほぼ同じ食生活でしたから。。。

父の治療を機に、食生活、本気で見つめ直します!

そして、パワーアップした癌に再会することがないように、
家族全員で闘い続けたいと思います(* ̄0 ̄)/

癌ダムさん、こんなにためになるお話を、
こんなに頻繁にいただいてしまって、
と~っても贅沢な気分です(///∇//)
本当にありがとうございます(*- -)(*_ _)
[ 2010/09/02 20:31 ] [ 編集 ]

ラッシュママへ

うん、本当に早期に見つかってよかったよ~(^_^)v

もう一個って聞いた瞬間は「ジョーク?」って思ったけど。。。笑

治療を頑張る父を、家族全員で支えたいと思ってます。

ラッシュママ、いつも優しく温かいコメントをありがとう(*- -)(*_ _)
たくさんの元気と勇気をもらってますv-238
[ 2010/09/02 20:10 ] [ 編集 ]

食事療法

こんにちは。コメントありがとうございました。

さて、食事療法についてですが

まず癌細胞というものは、そのままでは転移できません。
声帯の癌細胞は、声帯の細胞が変形したものであり
胃の癌細胞は、胃の細胞が変形したものですから
他の臓器に入っても、構造が違うので取り付く事が出来ません。

ですから今回の胃癌は、
それぞれ別の犯人による同時多発テロみたいなものですが
同時に二つの癌が進行しているという事は
多分に「食事」などの影響が大きいと考えられます。

ちょっと視点を変えて、考えて見てください。
人間の身体って、全部食べたものから出来ている訳でしょ。
人体を構成する物質は、すべて
食事で摂ったものから製造されますよね。
だから、2箇所で癌が発生した…という事は
他でも自然発生する可能性を秘めていて
その引き金は、食事の中にある可能性がもっとも高い
(食事と喫煙とアルコールで85%以上です)
…という訳ですね。

また一人が癌になったという事は
同じ食事を摂取している人も、同じリスクがある
(若い分、摂取年数が少ないので、まだ発症していない)
という可能性も否定できません。

食事療法は、癌を治す。また再発を防ぐ食事でもありますが
ご家族を癌から守る食事でもあります。

そうした視点でも取り組みも
是非考慮に入れて取り組まれると良いと思います。

最初の癌は、実は大して恐くはありません。
よほどひどくない限り、ほぼ確実に治ります。
しかし再発・転移した癌は恐いですよ。

そういう意識で、食事を考えて見てくださいね。
普通の治療は「お医者様頼み」ですが
食事療法は<自分で、家族で>癌と闘えます。
お互い頑張りましょう!
[ 2010/09/02 18:43 ] [ 編集 ]

別にあったのはショックだったでしょうけど、
どちらも早期で見つかったからよかったね。

治療、辛いと思うけど、
家族みんなの笑顔で、
お父様に頑張る力をあげてね^^
[ 2010/09/02 15:15 ] [ 編集 ]

リエ子さんへ

リエ子さん、ご心配をおかけしてすみません(*- -)(*_ _)
メッセージ、本当にうれしくって、いつもたくさん元気をいただいておりますy(^ー^)

胃の腫瘍も早期の早期で見つかって、本当に“おまけ”みたいですね(笑)
今見つかって本当によかったです。。。。

今や日本人の二人に一人は癌になる時代と言われて、
73歳まで病気なしできて、癌が見つかればまだ早期、
本当についている人だと、我が父ながら正直驚いております。

お友達の皆さんも大変な治療を頑張っていらっしゃるんですもんね!
個室の父は。。。パラダイス?かな(* ̄σー ̄)
個室代、頑張って稼ぐぞ~!!富造もよろしく~(* ̄0 ̄)/
[ 2010/09/02 13:10 ] [ 編集 ]

メイタンへ

メイタン♪

ラメじじへのエールをありがとう(〃∇〃)

メイタンにこうして応援してもらって、
元気満タン、補充されたヨv(。-_-。)vブイッ♪
絶対に早く治って、また報告するからね!


コメント、とっても、本当にとっても嬉しかったヨ。。。
メイタン、ありがとう(*- -)(*_ _)
[ 2010/09/02 13:03 ] [ 編集 ]

癌ダム4Gさんへ

コメントいただいて、本当に感激です。。。
実は今日、ブログへお邪魔して、治療方針が決まった旨、
お伝えしようと思っておりました。


ですが、朝一でブログを見てみると!
癌ダムさんからの本当に心強く、とてもためになり、
そのうえ親身なコメントが届いていて、、、、

心から感謝の気持ちでいっぱいです。


治療が始まれば、心のつらさは家族で分け合えるものの、
体のつらさは、、、やはり父ひとりの戦いです。
家族が途中で代わってあげたくてもそれは不可能な話。

でも、こうして副作用等々について詳しく丁寧に
教えていただいたことで、父の痛みを予測することはできます。
そうできることで、精神面でより大きな支えになれたら、と思います。


重粒子線・・・治療方針説明の際、私がこの単語を声に出した
まさにその瞬間の先生のぽか~んとされたお顔が忘れられません。。。笑

幼稚園のお迎えに戦車、だったとは。。。爆


治療後の食生活についても、癌ダムさんのブログから
いっぱい勉強させていただきます♪

そしていつか父のためのレシピなるものを
私もこのブログで紹介できたらいいな(* ̄σー ̄)ゞ

癌ダムさん、今日のコメントも、本当に本当にありがとうございました(*- -)(*_ _)
[ 2010/09/02 12:59 ] [ 編集 ]

おまけまで見つかって、そして、どちらも早期でよかったね。私の同僚または知り合いに、
数人、乳がんと戦っている人たちがいるよ。Radiation とキモ、もちろん人にもよると思うけれど、
大変のようです。とくにRadiationがかなり疲れるって。。こっちはなかなか入院させてくれないし、
本人も、家族も大変みたいだけれど、みんな頑張ってる。じじ、入院なら、ご家族も一安心だね。
個室でじっくり療養ならなおさら!ヒラメファミリー、頑張って!(江美ちゃんも頑張ってじじの個室代
こしらえてね!)
[ 2010/09/02 10:16 ] [ 編集 ]

応援してる!

頑張れラメじじ!

メイタンも早く直ること祈ってるぞ!


いや大丈夫!

絶対良くなるね!

[ 2010/09/02 07:45 ] [ 編集 ]

良かったですね!

前回、何を大袈裟な…と言いましたが
お医者様も、(たかが)このレベルの癌で、何を大袈裟な(笑)
言った通り、大したことなかったでしょ。

ポジトロンとか、重粒子線とか
手術できない末期がんの方に使う「最後の手段」ですよ。

かなり勉強されたようですから、ご存知でしょうが
リニアックが、癌細胞を
<火炎放射器で焼く>ようなイメージとすると
ポジトロンは、ゴルゴ13みたいなスナイパーが
ピンポイントで、癌細胞を打ち抜くイメージ。

肝臓とか、そういう「動かない臓器」向きの治療で
消化器とか喉頭のように「よく動く臓器」には
余り向いてない治療法でもあるようです。

第一、ご近所の買い物に
フェラーリのF1カーを持ち出すような
幼稚園の送り迎えに戦車を使うような
大袈裟なミスマッチだと思いますよ(苦笑)

さて、リニアックを喉に当てると
唾液腺が潰れて、唾液が出なくなります。
※顎の下の唾液腺は潰れますが、耳の下の唾液腺は
 多分無事でしょうから、何とかなるといえばなりますが
 残念ながら、潰れた唾液腺は一生治りません。

ついで、顎の関節が大きく開かなくなります。
2年もすれば、何とか使えるようになってきますが
僕の例で言うと、握り寿司はいけるが、
ハンバーガーはかぶりつけません。(食べたくもありませんが・笑)

そして、味覚細胞が潰れて、食べものの味がわからなくなります。
こっちは1年~1年半くらいで回復して行きますが
完全に元には戻りません。
まぁプロ野球の選手が、現役復帰は無理だが、草野球ならOK
という感じだと思ってください。

ですから、食べたいものがあれば
放射線を当てる前、そして治療のごく初期の間に
(最初の1週間くらいは、何の変化もありませんから)
「一生涯、もう二度と味わえない」のだから
思い残すことのないように…というレベルで、
食べつくしておいてください。

また、放射線を当てると
最低1年間は「歯を抜いてはいけません」から
虫歯があれば、早めに治療を済ませておいてください。
(歯を削るのはOKですが、抜くのはNGです)

放射線を喉に当てると、喉が低温火傷状態になりますから
とりあえずは、アイスノンベルトなどで外から冷やす
シャーベットなどを食べて、中から冷やすと効果があります。

後半になると、喉がはれて、食事が摂りにくくなることがありますが
喉が火傷状態ですから、柔らかくて食べやすいもの
つるりと喉越しの良いもの。粘りのあるものなどが好適です。
オクラは喉の粘膜を保護・再生して、癌を抑える効果があります。
(成分:スルフォラファン)

放射線治療の対処法は、僕のブログの最初の方に、
あれこれ書いていますので、またご参照ください。

…と、放射線治療にはお医者様の言わない
(患者さんがビビルのであえて言わない)
副作用が多々ありますが、
手術よりはマシだし、癌で死ぬよりは遥にマシ。

まぁ、癌になっちゃったんですから
この位のことは(大きな問題ですが)諦めてください。
※とは言え、僕だって
あのようなレシピが作れる位には回復しているんですから
大丈夫、といえば大丈夫ではありますけどね(笑)

最後に。
多分ですがこれまでの食生活が、多分に癌を育んだ可能性が大きいので、
食生活の習慣は、野菜中心に改めるべきでしょうね。
また、ご家族で同じ食事を取られているなら
皆さんも癌になるリスクを背負っているわけですから
皆さんの食習慣もこの機会に見直されてみてはいかがでしょうか?

また、昨日、今日の僕の記事は、もっと重い癌の方のためのマニュアルですが、
ヒラメさんにも、きっと参考にはなると思います。

軽いとはいえ、やはり「癌が癌」
再発しないように、気を引き締めて治療に当たりましょう。
[ 2010/09/02 04:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bordercollieaddict.blog53.fc2.com/tb.php/457-6df31d66






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。