山本ファミリー出身のボーダーコリー、ヒラメのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「医療保険を見直すことにしたけれど~“掛け捨ての安心、これいかに!?~」の巻

ボーダーコリー★ヒラメちゃん



「今日のラメは今年の1月撮影したものです」



最近、家事がひと段落してからしていること、と言えば、

「ブログをアップする」

もしくは、

「保険について悩みまくる」

この2つのどちらか。

(でもブログは1日か2日置きにしかUPできていないから、、、
ほとんど保険のことについて考えてることになる?(^▽^;))



「このセサミのタンプトップ、かなりお気に入りデス♪」



父の病気をきっかけに、「家族全員の“保険”について見直してみよう」と
思い立ったはいいけれど、どこをどう見直したらいいのか、さっぱりわからず、
とりあえず少しでも知識を、と本やネットを読み漁ったものの、

・「医療保険も生命保険もほとんどの人には必要ない」

という“不要論”があるかと思えば、

・「それぞれの人生設計により、保険の要・不要は異なる」

な~んていう意見もあって、
さっぱり頭の中がまとまらず(笑)
(後者の方が私的には納得、ではありますが)





でも、さまざまな考え方に触れることで、
本来の“保険”の意味をもう一度考え直すことができた。

「別に行きたい高校じゃないけど、保険として受けとこっかな」

これぞまさに“保険とは”に対する答えなんだよなぁ、と。

どうも私は今まで、「皆入っているし、入っていないと不安だし」
こんな“右へ倣え”的考えで保険に加入してきたような気がする。

でも本来保険は、「万が一のため」のものなんですよね。





「“がん”になったら、長期戦も考えられるし、ウチは両親ともがん家系だし、
やっぱ“がん保険”だけには入っとくかな」

という“がんに不安を感じる”方であれば、

今や“がん診断給付金〈数百万円を何度でも)”なるものや、
“抗癌剤や放射線治療のための通院特約”なる、
最新のがん治療事情を反映させた保証がてんこ盛りな『がん保険』は
加入価値があるのだと思う。





30歳台で月々の掛け金を3000円として計算すると、年間36,000円。

この36,000円で、もしもその年に“がん”と診断されれば100万円、
所定の手術をしたら20万円、さらにひと月入院すれば30万円の、
計150万円が給付されることになる計算。

それだけの保証があれば“安心”して治療に専念できるだろうし、
もしも掛け始めた年になったのであれば、“元を取る”どころか、掛け金が
約42倍にも膨らんだことになる。





でも、“がん”にならなければ、掛け金は“安心を買った”代償として消える。
例えば10年間保険料を支払ったとして、その間がんにならなければ、
36万円を掛け捨てたことに。

でも、保険に入っていれば、「がんになったら、医療費をどうしよう?」
といった“不安”は少なくとも解消される。


もちろん、「がんになっても医療費は貯蓄でどうにかなるだろう」
という方や、「がんになっても、健康保険や高額医療養費制度で
ある程度はサポートされるんだから、民間の保険なんてお金の無駄」という、
“掛け捨ての安心”を、もったいないと感じる方は、
その36,000円を貯金すれば、100%損することはないわけで。


果たして自分は、どんな万が一に
どの程度 備えておきたいのか??


こうして記事にすることで頭の中を整理しようと思ったのですが・・・
まだまだ結論が出そうにありません・・・(T▽T)

誰かおせーて(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!


ポチでヒラメに「ブログ村ランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「ブログ村ランキング」へ

ポチでヒラメに「人気ブログランキング」へ10ポイント入ります♪いつも本当にありがとうございます^^ ←「人気ブログランキング」へ

いつもポチっとありがとう。


------[覚書]-----------------------------------------

・31歳で加入した『農協の終身共済保険』は、
保証内容(55歳までに死亡すれば1千万円)が、現在の自分の人生設計とは
大幅にずれていると感じたため、先々週解約。

・35歳で加入した『アフラックのエバーHALF』は、
今の自分の“不安”を解消する内容ではなかったため先週解約。

今悩んでいるのは、

(1)がん保険のみ加入する
(2)がん特約をつけた医療保険に加入する
(3)医療保険もがん保険も加入しない

この3つのうち、どれにするか。。。
(1が最有力候補ではあります)

母の保険は年齢が年齢だということと、
父の保険はすでに病気になってしまった、という
“条件”があるだけに割りと簡単に結論が出たんですが、

39歳という中途半端な年齢だけに、
まだしばらくはこの悩み、続きそうです。。。
--------------------------------------------------------

ボーダーコリー、ヒラメ、border collie、twitter、ツイッター、山本ファミリー、ASABA、Yファ、しつけ、喉頭癌、闘病記
関連記事

ガンダム4Gさんへ

ガンダムさんのお話をうかがって、
「不要論」は少なくとも、自分には当てはまらないかなぁ、と思いました。

かなりの確立で起こるであろう“万が一”には
備えておくべきですね!

そう、それと大きく気付かせてもらったのが、
「掛金がより安い保険会社」ではなくって
「きちんとしている保険会社」で選ぶべきだ、という点です。。

本当にその通りですね!

父の場合は70過ぎということもあって、1割負担ということもあるし
今のところ大部屋なので、想像していたほどには医療費はかかっていませんが、
自分に置き換えたとき、果たして「まぁなんとかなるか」と言える貯蓄が残っているか。。。
この点も不安だし、自分自身はもっと若い年齢で発病するかもしれないし、、、

そう考えたら、もう一度検討しなきゃいけないな、、、
と思います。

損得勘定抜きで、とガンダムさんがおっしゃった意味が
とてもよく理解できました。

保険のことまでコメントいただけるとは、本当に感謝です♪
いつもありがとうございます(*- -)(*_ _)
[ 2010/10/10 08:56 ] [ 編集 ]

Beeママへ

Beeママ、保険が役立ったお話を聞かせてくれてありがとう!
あれからまたいろいろ考えて、計算して、、、
未だ結論でず(笑)

もしものため、のことこそ一番大切な気がするけど、
「いりません」系の本を読むと、「あぁ、そうだなぁ」と
納得できる点もあるし。。

我が家は私以外あんまりこういうことを
考えてなさそうだし(笑)
Bee家もやっぱりBeeママが主担当されてるみたいだし(^_^)

あぁ・・・まだまだ悩みは続きそう。。。

そうだよ!Beeママ、意地でも健康で長生きしてくださいヨ(* ̄0 ̄)/
私も健康を大切に、おばあちゃんになってもボーダーと暮らせる
エネルギーを蓄えていたい!(^_^)v
[ 2010/10/10 08:44 ] [ 編集 ]

損得勘定の前に

僕の経験でいえば、
最初の検査と予備手術で80万くらい。
癌の摘出と放射線治療、抗がん剤と続いて210万円。
1日の入院費が25000円で、個室は40000円

まぁ高額医療費という事で、健康保険から出るとはいうものの
差額ベッド代など、保険対象外の出費は大変なもの。
その他(ゲーム機やパソコン購入費なども含め)恐ろしい金額の出費があれこれ。
「がん保険」くらいじゃ、とてもじゃないけど足りんよなぁ…というのが実感です。

僕は、会社で「いざという時用の保険」に入ってましたので
個人の生命保険と合わせて、両方から出た給付金で
何とかなりましたが、普通の保険じゃたぶん足りないと思います。

現時点で一般の日本人が「癌になる確率」は、50%とされていますが
今後、日本人が癌になる確率はもっともっと増えて行くと予測されています。
そうなれば、がん保険、というかそういう特典は、いずれ姿を消すでしょう。

医療費はさらに高額化していきます。
また、癌の部位や程度によっては
障害、高額な医療費やメンテナンス費用が予測されます。

自衛のためには、最低二つの生命保険への加入が必要と想定されます。

ご自身で「癌家系」…と心当たりがあるなら、
普通に生活していれば、ほぼ確実に
確率50%以上のハイリスクで、たぶん癌になうでしょう。

ご家族全員が、僕のような「食事療法マクロビ食」で自衛するとしても
周辺環境やストレスなどの要因で、リスクは30%以下には
下がりはしないようにも思われます。

加入する余裕があるなら、価格の安さやお得感ではなく
保険関係は「倒産しない会社」を選んで加入された方がいいですよ。

かつて千代田生命が倒産して、保険がパーになった経験があります。
安売り保険会社など、すぐつぶれるリスクも大きいものですよ。

また、癌は老人病の側面がありますから
60歳で保険の切れた後のガードも重要。
保険がないため、老後のための資金がパーになり
癌を抱えてお金もない高齢者なんて死んだ方がましかも…なんてことに、
ならないように考えておかねばなりませんね。

以上、癌にならなかった場合の損得勘定(書き率49%以下)の前に
癌になった場合(確立51%以上)のリスクを想定して、
悲惨な事態にならないよう保険加入を考えるべきでしょう。

というのが「癌患者」の意見です。
[ 2010/10/09 19:44 ] [ 編集 ]

悩むよねぇ~

私は安いアフラックに入っていたけどそれでも金銭的に助かった人です。
あまりにもお安いコースだったので先進医療は出ないかも…

一番心配な旦那がねぇ~
あまりそういうのを考えないって言うか…
「保険屋の思う壺にはならない」ってひねくれたヤツなんです。
子供もそろそろ成人になるので自分で何とかしてもらえそうですが、
やっぱり、病気になった時のことを思うとこの保障では心配です。
掛け捨てで保障の足りない分を検討中です。

そうそう私の終身はってヤツは『いただきません!』っての。
最初の更新前に『いただきません!』になったので
私が死んだら葬式してお墓買っても旦那と娘はホクホクなので
意地でも長生きしてやるわ!!


[ 2010/10/08 12:17 ] [ 編集 ]

ルースままへ

(* ̄∇ ̄*)

ルースままに相談してるって、すぐにばれちゃった?笑

すぐにお返事くれて、本当にありがとう(*- -)(*_ _)


ルースままプロからいただいたコメントで
頭の中がすっきり整理されてきたよ~♪♪

数字が大の苦手な私だけど、
どうも我が家でこういうことに真剣に取り組む人間が
私以外誰もいなくって・・・

唯一今まで主担当でいてくれたお母さんに、
「この特約はどうしてつけたよ?」って聞いたら
「知らな~い。私に聞いたってわかんな~い」って言うし!爆

がん保険のことも、本当に納得!
先進つけて、大きな“もしも”に備えたいと思います。

週末頃にパンフがどっさり届く予定。
またうだうだ悩みそうですが、楽しむか、な。

FPルースままの頭脳がほしい私、でしたv(。-_-。)v

[ 2010/10/07 13:06 ] [ 編集 ]

答えにはならないと思うけど・・・

なるほど・・・ラメママは「保障」重視で、保険部分に貯蓄を求めてないのね・・・

だとすれば・・・
終身保険で入院・通院の保障を取って保険料を抑えて、その分の保険料を先進医療保障に充てたほうがいいと思う。
先進医療は後で特約付帯しようと思っても年齢を重ねると付帯できない可能性が高くなるから・・・。
(けっこう厳しい)

で・・・入院・通院はアフラックや県民共済などの掛け捨ての保険に加入すればOK!!!

こんな感じなら、保険料も安くなるし万が一の保障もキチンと受けられるよ。

ただ・・・今回のプランは一般的なものだから、より「自分のライフプラン」にあった保険を求めるなら
専門の人にご相談したほうがいいと思うよ♪




[ 2010/10/06 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bordercollieaddict.blog53.fc2.com/tb.php/507-774659cc






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。